月別アーカイブ: 2016年2月

イベントづくしで金欠をキャッシングで解決!

私はフリーターを長年やっていたのですが、最近正社員の仕事に採用が決まり、今は一生懸命働いています。
そして、フリーターから会社員になって気がついたことと言えば、交際費がかなり増えたことです。
私が入った会社は大変良い雰囲気で働けるので、仕事終わりに同僚と飲みに行く事も多いです。

また、仲の良い同僚とは休日にドライブなどに出かけることも多いです。
しかし、飲み会や遊びが続くのは嬉しいのですが、お金が足りないときもあります。断ればよいのですが、同僚とは本当に仲が良いし、仕事でいつもフォローしているので、参加するようにしています。

そこで、私が使っているのがキャッシングです。
これは、使い道は自由にお金を借りられるという、とても嬉しいサービスです。
平日、夜、土日でもコンビニのATMで利用できます。
これならば、急に飲みの話が来たり急な冠婚葬祭の時でも、すぐに対処が出来ますね。
そのため、今はどの会社のカードローンが良いか、しっかりと見極めて検討をしてください。

私が初めてキャッシングの契約をしに行った時、すごくドキドキしながら審査を受けてお金を借りた事を覚えています。
その時お金を借りること自体が初めての経験でしたし、無人機の独特な感じもとても緊張しました。

無人機での契約は誰にも知られること無く、ひっそりと消費者金融に申し込めるのでありがたいです。
お金を借りることは出来れば知られたくはないですし、人に心配をされたりしたくはないのでプライベートを守ることが出来るのがいいです。

街金は思っていた以上に安全な感じがしましたし、怖がる必要は無かったと感じます。
小心者なのでお金を借りることに不安がありましたが、難しいことも特になくて申し込みも説明通りにやっていけば問題は無かったです。

初めての経験でしたが、無事にお金を借りられたという印象です。
消費者金融の利用のしやすさを知れてよかったです。消費者金融のホームページを見ればちゃんと理解出来ますし、使い方や返済の仕方もわかりやすく説明をしてくれているので参考にしました。

一昔前のキャッシングの利子の年率がものすごく高くて大変だったようです。
でも今は年率の利子もだいぶん下がったみたいですが、利子を返すだけでも大変だったと聞きます。

今は利子の比率が決まっていてそれ以上の利氏は請求出来ないようになっているので、もし過剰な利子を求められた場合は弁護士に相談した方がいいかと思います。
また過剰に利子を払ってしまっていて、返済さた方も返済中の方も今は過払い過払い請求ができます。
気になる方は相談してみるのもいいかと思います。

テレビなどでCMしている大手の会社は安全だと思いますが、あまり名前の聞かない会社などは注意が必要だと思います。
皆さんもよく考えてどこの会社がいいか考えて借りた方がいいですと思います。
あとキャッシングは目的を持って、計画的に利用してください。
目的なしの遊び金欲しさに借りるのは危ないので避けた方がいいと思います。

私とカードローンとの出会い。お金に悩まなくなりました。

昔私は現金派でした。
初めはキャッシングときくと怖いお兄さんの取り立てが来るとか、怖いイメージがあり持つことは考えていませんでした。

作ったきっかけは友人の結婚式が立て続けにあった時です。
お給料だけでは生活できずどうしよう・・・と思いながら思い立ったのがキャッシングでした。
不安な気持ちがありながらもカードローンキャッシングの申し込みをしました。
パソコンからの申し込みをしての審査を経て無人機でカードを受け取る事が出来ました。

無人契約機は、年末年始を除き土日祝日関係なく夜9時ごろまで営業しているものがほとんどです。
審査通過して契約手続きが完了すれば、その場でローンカードが発行されます。
出典:土日祝日に即日キャッシング!

ただたカードローンのメリットというべき点が、消費者金融ですと年収の3分の1までの貸し出ししかできないのですが、銀行のカードローンですとそれ以上の貸し出しをすることができるという点です。
多重債務者を減らすためにもそんな法律ができたようです。

そんなこんなでカードを受け取りキャッシングを利用して無事に結婚式にも出席できて生活も安定しています。
今では急な大きな買い物や保険のきかない病院などの支払いなどに非常に便利ですごく重宝しています。
契約をする前までは興味がなかった私ですが、いざという時のためにもカードローンは1枚持っていても良いと思うようになっていました。今では非常に助かっておりますよ。
ちなみに怖いお兄さんは取り立てに来ません。
何時以降の取り立てや、近所にわかるような取り立ては禁止されています。
もし決まった日にお金を返済できないのであれば電話で事情を説明すれば少しなら待って貰えるようですよ。
あくまでも借りているので返す事が大前提なので無理のない範囲でのキャッシングをしてください。

上でも言いましたが、少し詳しくお話出来ればと思います。
キャッシングを利用する為に、カードローンの契約申込みをするに当たって、契約先を検討する際、総量規制という言葉を理解しておく必要があります。

カードローンは、大きく分けて2つに分類されます。
貸金業法に基づき貸出しを行う消費者金融系カードローンと、銀行法に基づき貸出しを行う銀行系カードローンです。
総量規制とは、この貸金業法で定められているもので、年収の1/3までを貸出しの上限とした制度です。消費者金融系カードローンは、この対象となります。
借入が大きくなることで、返済が難しくなり自己破産などとなるリスクを軽減する為に、国が定めた制度です。実際に、その成果も上がっているとの発表めあります。

反対に、総量規制の対象外なのが、銀行系カードローンです。
貸出しの上限、つまり限度額は銀行の審査によって決められます。収入が安定しており勤続年数も長いなど、その他信用機関への確認などに基づき、限度額が決められます。
最近は、限度額300万円までの申込みには、収入証明を不要とするカードローンも多くなっています。
どちらを選択するかに当たっては、最終的なリスクを抑えるものにするか、より大きな限度額でも計画的に利用することが可能かを含めて、検討すべきと考えます。